スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

6月, 2017の投稿を表示しています

Harold Schellinxさんの録音に行ってきました(テルミンで参加)

今日のレッスンの空き時間は、Harold Schellinxさんの録音に三浦さんと仲間達の方々と参加してきました。
私は途中から参加して途中で抜ける予定の人だったので、始まっている中でのテルミン(2本アンテナ)組み立てがうっとおしく、こういう時こそマトリョミン持ってくるべきだったのかとも思ったのですが(一昨日のライブでは正常なマトリョミンと壊れたマトリョミンを使用しました。)、今日は2本アンテナがついているほうで正解でした。他の楽器と似たような音になる局面も多々ありました。
Haroldさんは何か撮影していたのかと思ったのですが、それを音に変換するアプリ?だったようです。あとは、見た目がホロスコープのようなアプリもありましたが、難解なアプリとのことでした。


その様子を撮影していた荒井さんは、参加者が大勢で、カメラで追うのが大変だったそうです。

6/26Harold Schellinxさんと三浦陽子さんのライブにテルミンで飛び入りしてきました。

昨日は、阿佐ヶ谷ヴィオロンでのHarold Schellinxさん ( electro, casette tapes, radio, etc) と三浦陽子さん ( piano) のライブに、黒田オサムさん、中尾勘二さん、SACHI-Aさんに混ざって飛び入りしてきました。

無駄な音は出さない方々なので、基本的に緊張感が漂っていましたが、何と言っても、無駄がないことがここまであるのか、と思ったのが、特に2セット目です。三浦さんから、2セット目は黒田オサムさんのパフォーマンスから始めましょう、というルールだけが伝えられていたのですが、メインのHarold Schellinxさんが、30分くらい黒田さんのパフォーマンスをじっと見ていて、それ以外の全員も30分くらい黒田さんのパフォーマンスを集中して見ていました。

また、貴重なライブを体験しました。

余談ですが、6/26飛び入りします!投稿をうっかり消してしまいました。

6月24日土曜日、スッパマイクロパンチョップさんのでたらめ音楽教室@神楽坂NOTRE MUSIQUEでテルミン弾き語ってきました

昨日は、スッパマイクロパンチョップさんの音について考えるイベントに行ってきました。 結論から言えば、スッパさんのトークにもともと興味があったのですが、スッパさんは面白いだけの人じゃない!とあらためて思いました。仲間たちもそうですけど、かなり真面目で深い対話が繰り広げられていました。 個人的な感想は、スッパさんの声はああいった空間で、リラックスできるような声だと思いました。ご本人は、生声よりもマイクを通した声の方が好きだそうです。 私は、鼻声でテルミン弾き語ってきました。 自分が持っていった身近感のある音源と、今回聴かなかった身近感のない音源をもう一度聴き比べてみようと思います。

森山直太朗/さくら(独唱)/テルミン弾き語り/賃貸人格

今日の動画は森山直太朗さんの

さくら(独唱)をテルミン弾き語りしました。

テルミンのレッスンで人気の曲です。

個人的には、風邪声絶好調です。



 さくら(独唱)

詞:森山直太朗・御徒町凧/曲:森山直太朗



テルミン弾き語り:賃貸人格

6/6、1969のライブが終わりました。(サポートゲストとしてテルミンで参加)

ドイウロコさんが1969になってまともな人になったのかと思ったのですが、昨日自分が参加しない曲の時にドイさんの歌詞カードを見ながら演奏を聴いていたら、やっぱりドイさんだったんだと思いました。 — 賃貸人格/テルミン弾き語り (@chintaijinkak) 2017年6月7日
1969のチューニングの曲では、世界の共通言語だとか、みんな分かり合えるみたいな気持ち悪いこと言っていて、ワッツタワーズの「皆でここで家族になろう」を思い出しました。 — 賃貸人格/テルミン弾き語り (@chintaijinkak) 2017年6月7日
ちなみに、「気持ち悪い」って褒め言葉です。

しかし、ふらっと行って、2曲くらい参加して帰る、っていうユルさ、自分は好きです。ありがとうございました。(バンド道とは対極にあるのかもしれませんが) — 賃貸人格/テルミン弾き語り (@chintaijinkak) 2017年6月7日

6月24日土曜日、スッパマイクロパンチョップさんのでたらめ音楽教室@神楽坂NOTRE MUSIQUEで5分演奏します。

スッパマイクロパンチョップさんは、先日の1969のライブの時にDJをされていて、お会いしたばかりなのですが、スッパさんといえば、自分にとっては、アートランドで行われていた「転がし祭り」のイメージが強いです。何か、いつも新しいことに挑戦させられる(させてもらえる)、という。

今回、ゲストの方が色々出て来られて(最終的に何組出られるかわかりません)、自分の演奏と、自分が良い音と思うCDを持参してそれについて語る?イベントらしいです。またまた、これは自分にはハードルの高い仕様で、何かとても試されているような気がします(笑)。

【でたらめ音楽教室・課外RADIO.1~いい音って何だ?~】
6/24(土)神楽坂NOTRE MUSIQUE
時間:18時〜23時
料金:500円(+1dオーダー)
ナビゲーター:スッパ
LIVE&トークゲスト:賃貸人格/KTIR/うの
企画日:昨日
趣旨:スッパのトーク強化 pic.twitter.com/QMgpIgaYTD— suppa micro pamchopp (@suppasan) 2017年6月22日

レッスンの空き時間にリチャードクレイダーマンを弾きました(テルミンではありません)

本日のレッスンの合間には、リチャードクレイダーマンのピアノを弾きました。
10年くらいは久しぶりだと思うのですが、譜面なくても意外と結構覚えていました。
手の記憶力は(不正確な書き方ですが)、一応健全なんですね。

今思えば、マイファーストカラオケはこれでした。
完コピという程精度の高いものではないですが、カラオケの楽しみは何といってもなりきり(ものまね)だったんだなあということを思い出したりしました。

中島みゆき「時代」テルミン弾き語り

6/4投稿分です。

中島みゆきさんの曲は大大大大昔、カラオケで(以外でも)歌いまくっていたので、歌で動画アップすることはありえないだろうなと思っていたのですが、やっちまいました。「時代」ならそんなに歌っていない(はず)と思いましたが、100%カラオケ癖が抜けていないとは言い切れないかもです。。午後10:16 · 2017年6月4日






youtubeからbloggerへの連携がスムーズすぎて泣きました。

あざみの歌をテルミン弾き語りしました(本日の動画です。)

6/18投稿分です。
好きな曲なので、歌ってみました。
以前、美学校の流しイベントに遊びに行った時も、リクエストしてしまいました。
クレジットはyoutubeのほうにあります。

今回の画質調整でのテルミンのピンクの感じ、好きです。
動画用の制服です(そろそろ暑い)。

ひかりのうまでのアフプヤンライブ、終了しました。

ライブご来場くださった方々、ありがとうございました。

やはり、黒田オサムさんのインパクトが 絶大だったようです。

アフプヤンのアンデルセンの絵のない絵本ネタですが、本を読んで荒井さんが映像を仕込み、三浦さんが曲をつけて(映像は当日公開)、私は本を読まないようにして二人の作品に絡む、ということになっているようです。昨年、準備していったら、「あなたは読んでこないでください」と言われました(笑)。その場で初披露なので、個人的にも楽しみです。

歌のほうは、私の弾き語りに三浦さんがめちゃくちゃなピアノで絡む、という仕様なんですが、やはり三浦さんと一緒だと激しめになりますね、と思っていたら、三浦さんサイドからもそう思われていて、お互い様だったようです(笑)。

黒田さんは、存在自体がパフォーマンス感あふれる方で、 三浦さんと及川さんと内田さんとの絡みがかっこよくて、個人的には、及川さんのバイオリンに憧れるのですが、自分は自分の道を行こうとあらためて思いなおした夜でした。